住まいから社会を変える

70年以上の実績で、風土にあった高品質な住宅づくり。
健幸なくらしを推進します。

プレカットとは

− Precut lumber

木造建築における木工事部分(骨組み)を、住宅施工前に工場の機械(CAD-CAM)によって木材を切断・継ぎ手加工を施す作業の事です。
大工さんが手作業にて木材を加工していた頃と比べ、工期短縮・加工精度が向上しており、建築現場で出るごみ(切れ端・オガ等)を少なくできるメリットがあり、木材建築の大幅なコストダウンにつながっています。

品質至上

Quality supreme

設計と加工の品質を第一とし、顧客価値の一角を担います

顧客本位

「住生活の向上とお客様の満足度を追及する」為に、品質の仕組みを常に継続的に改善していく。

品質至上

クレームの無い優れた製品を提供する。

納期厳守

常に決められた期限までに納入する。

森と人と暮らしをつなぐ活動を行っています

安定的な量と良質な木材供給に努めています
森林資源の循環利用に努めています

九州の木材はシロアリに強い

長崎では主にヤマトシロアリとイエシロアリが生息しており、地中に巣を作り水や餌を得て生活しています。この地中から蟻道を延ばして、建物の木材類に被害をのばしています。

木の長所を知り尽くした地域の工務店様と「長崎すて木な家づくりの会」を立ち上げ、国産材や地域材を活用した住まいの構造体の設計加工を担っています。
国産材や地域材は、地域の気候風土になじみやすいという利点があり、これは長崎すて木な家づくりの会の目的の一つである「住宅の資産価値向上(長持ち)」に資するものです。
また、住宅の価値向上の一環としてクロダプレカットでは、JAS(日本農林規格)を取得した木材比率の向上に取り組んでおり、工務店様ならびに消費者様への生涯価値提供を目指しています。

また弊社では、工務店様と設計担当者が密接に連携しながら、最新鋭の加工機を導入した工場で、「良い設計」「良い加工」の提供によりお客様の価値創造のお役に立つことを目指しています。
小さなエラーでも一度立ち止まり、機械の調整や見直しなどを行うことで良い製品作りに努めています。

お問い合わせ